バスでの過ごし方

高速バスで博多から関東へ向かう際には10時間以上もずっとバスに乗り続けることになります。この長い時間をバスの中でどのように過ごすかによって高速バス旅行の楽しさは変わってくるでしょう。バスの中にモニターが設置されていて、そこで映画を流してくれるようなバスがあります。これならば暇な時間を持て余さないで済むでしょう。自分で本を持ってきて読んだりもできます。電源が設置されているならば、パソコンを使うこともできるでしょう。

高速バスに乗る時には基本的に楽な服装をしていきましょう。体をあまりしめつけずにゆったりとした状態でリラックスできるような格好がいいでしょう。車内の温度については冷房が効きすぎていたり、冬の窓側は寒くなることがあるかもしれません。そんなときのための服装も用意しておくと良いでしょう。高速バスでは基本的に寝て過ごすことが多いです。そのため、アイマスクや耳栓などの快眠グッズも用意しておくと便利です。また首枕を持って行ったり、お尻マットを利用するのも良いでしょう。

車内で飲食をすることもできるのですが、その際には音やにおいには気をつけておいてください。すぐ近くに他の乗客がいるのでマナーはきちんと守りましょう。